ホームページ > SEOについて
1.SEO(Search Engine Optimization)とは
インターネット利用者がGoogleやYahooのような検索サイトを利用するとき、自らのWebサイトが上位に表示されるように工夫することです。また、そのための技術やサービスのことも示します。よく訳される言葉としては「サーチエンジン最適化」「検索エンジン最適化」などがあります。

サーチエンジンはインターネット上のWebページを定期的に収集し、その内容を分析します。この分析データと各サーチエンジン固有のアルゴリズムに従い、表示順位を決めます。Webサイト運用者は自らのページの表示順位が上になるようにHPの内容、構成を工夫します。このような工夫を総称してSEOと呼びます。狭義には自己のWebサイト内部の最適化をさすことが多いようです。

2.SEO対策
サーチエンジンのアルゴリズムは単に対象Webページの内容、構成のみならず、他のWebページからのリンクも考慮されています。SEO対策とは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)対策とも言われ、Webサイト内部の最適化に加え、外部Webページからのリンクの最適化を含めた総合的施策のことをさします。

3.SEO対策のメリット・必要性
SEO対策を施す一番大きなメリットは、運用するWebサイトが検索結果の上位に表示されることによりそのWebサイトへのアクセス数が増えることです。アクセス数が増えると、集客率が向上し、提供するサービスの成約率や商品の販売率が向上します。

インターネットビジネスにおいてSEO対策が如何に重要であるかはよく知られています。インターネット利用者の8割が、検索エンジンを経由してWEBサイトを探します。

また、検索エンジンを利用するユーザーの多くが、1ページ目(上位10位まで)までしか閲覧しないとも言われています。つまり2ページ目に入ってもユーザーの目には入ることが少ないという厳しい現状があります。また検索順位が一位のWebサイトと二位のWebサイトでアクセス率が大きく異なることもよく知られています。したがって、検索エンジンで1ページ目上位に自らのWebサイトを表示させることが、ネット上のマーケティング手法ではとても重要なのです。

4.SEO対策の内容
SEO対策の内容は簡単に言うと、内部対策と外部対策に分けられます。

(1)内部対策
内部対策では主に、WebサイトのHTMLを最適化します。いわゆるHTML(ソース)を検索エンジンに好まれるようにキーワードの配置やページ構成を最適化することです。

具体的に言うと、内部対策とは、いくつかの側面からサイト内部の要素を検索エンジンにやさしい形に作り直すことです。たとえば、ページのHTMLやCSS、ページ・サイト構造の最適化、サイト内の複数ページにおける特定キーワードの出現率の最適化などです。

クラウドSEOが提供する内部対策は、ページ内キーワードを強調するうえ、総合的に全ページのタイトル、メタタグ、Hタグ、内部リンクなどを修正する作業です。

もしお客様サイトのデザインが検索エンジンからの評価が低いと判断され、SEO対策には不向きなとき、大きな修正が必要となる場合もございますので、予めご了承ください。

(2)SEO外部対策
外部対策というのは、主に被リンク対策を指します。リンクで大事になってくるのは、数だけではなく、質、関連度などもっと重要なことがあります。

外部対策は、おおむねに言うと被リンク(バックリンク)を獲得するということです。被リンクを獲得する方法は、相互リンク、トラックバック、ディレクトリへの登録等があります。外部対策は、内部対策と違い他のWebサイトとの関連があるため、容易に対策を行うことができません。そのため、上質の外部対策はどの検索エンジンからも高い評価を得ることができます。

弊社では、IP分散(Cクラス以上)したリンクサイトを多数準備しています。これらのリンクサイトの質を維持できるよう、日々メンテナンスしています。また、複数の提携サイトのリンクをコントロールできることから、外部リンクの質が偏らずに質と量をバランスよくお客様サイトへ提供することができます。弊社では質の悪い外部リンクによる検索エンジン評価の低下が生じないよう、日々外部リンクのメンテナンスを行っております。

5.上位表示対策を行うべき検索エンジン
日本でSEOサービスの対象となるのは、おおむねヤフー(Yahoo!JAPAN)とグーグル(Google)の2社の検索エンジンです。それはこの2つの検索エンジンがシェアの大半を占めているからです。

特に2010年末にはYahoo!JAPANが、Googleの検索エンジン技術を採用したことにより、実際に検索エンジンの8割がGoogleに占められているというように言われています。この移行により一番大きな変化は、今までと違い被リンクによる外部要因だけを重視することではなく、サイトの内部要因も重要となっています。

安定的な上位順位キープのために内部施策と外部施策を重視し、現在の検索エンジンのアルゴリズムに対応した対策が必要となります。Googleでは新アルゴリズムをいち早く英文検索で採用しました。弊社では英文検索での実績も多く、すでにこの新アルゴリズムにいち早く対応しております。この経験を生かし、日本語検索においても優れたSEO対策を提供しております。

6.SEOの効果について
一概には言えませんが初回のSEO対策作業完了後、おおよそ2週間~2ヵ月後に効果が現れ始めます。しかしながら、キーワードの難易度、競合の強さによってはそれ以上かかる場合もございます。弊社の実績では、最も早い場合、1週間前後で効果が出たケースもあります。

早目にSEO効果を出せるため、短期間で過剰あるいは過激なSEO対策を行う業者もございます。しかしながら、そのような対策が一時的には順位を上昇させるかもしれませんが、いったんお客様サイトが検索エンジンからスパム行為と認識され、厳しいペナルティを受けてしまうと、順位が下がるまたはお客様サイトが検査エンジンの検索結果から削除されるなど取り返しのつかない結果になります。

弊社はそのようなことのならないように、検索エンジンのアルゴリズムに左右されにくい、安定的・継続的な上位表示を実現するSEO対策を取っておりますので、お客様がより安心してご利用できる環境をお作りいたします。

7.成功報酬型SEOサービスの成果報酬課金対象とは
契約検索エンジンで、10位以内(1ページ以内)の順位表示を達成した場合のみ課金対象となります。

このページの先頭へ